専業主婦が即日融資でお金を借りる

家計を預かっている専業主婦は、急な出費があったときは大変です。
貯蓄があれば一番ですが、不況が続く中ご主人の昇給もないとなるとますます気が滅入ってしまいます。
お金が必要になったときどこで工面するか、消費者金融や銀行カードローンで借りるもひとつの方法です。
即日借りれるキャッシングは多くのかたが利用していますが、専業主婦のキャッシングは申込先で制限を受けます。
「消費者金融でキャッシング」
消費者金融は2010年の貸金業法の改正で総量規制が導入されました。
総量規制は、借入希望額が年収の3分の1以内と制限されることで、たとえば、年収300万円のかたは最大でも100万円以内の貸付になります。
おなじ主婦でもパートやアルバイトで収入があればその年収の3分の1以内であれば申込ができます。
年収が必要になることからこれまで消費者金融を利用していた主婦にとっては厳しい状況になっています。
「総量規制対象外の貸付もある」
「例外貸付」は総量規制の制限のなかで、例外的に貸付けをしてもよいというもので、そのなかのひとつに「配偶者貸付」があります。
配偶者貸付けの対象になるのは収入のない専業主婦で、基本的にはキャッシングができませんが、「配偶者貸付」は配偶者の年収を合せた合計の3分の1以内まで貸付けをしてもよいというものです。
ただ、これで貸付をするためには配偶者の同意を得ることや、申込者は配偶者になり、申込者の座席確認もあります。
この制度を利用するには、調査に時間がかかったり審査で手間がかかり、採算が取れないことからこの制度はあるものの、大手消費者金融は現在中止もしくは廃止をしているところが殆んどで、利用できないというのが実情です。
「銀行カードローンなら利用は可能」
銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法の総量規制の対象外となります。
そのため、審査にとおれば収入に関係なく融資が受けられます。
銀行カードローンも一般的には本人に収入がないと申込めない銀行ローンがほとんどなのですが、なかには専業主婦でも申込めるものがあります。
ただし、配偶者である夫に安定した収入があることが前提条件になります。
「申込で不利になる条件」
専業主婦が申込をするときも、一般の申込と同じで、審査基準は銀行に寄ってい違いますが不利になる条件があります。
○申込書にうその記載をしたとき、場合によっては審査にとおらない。
○すでに他社借入が4件以上ある。
○過去5年以内にクレジットカードや他社借入で金融事故を起こしている場合。
○半年以内に複数社へ申込をしている。
これらの項目がひとつでも該当する場合、審査にとおるのが厳しくなります。
このような条件に該当しないのであれば、銀行カードローンの専業主婦専用の商品を申込をすればキャッシングが始められます。

Continue reading →

収入証明不要のカードローン

キャッシングを始めるときは、総量規制の対象になるのか対象外なのかを知っておく必要があります。

総量規制による制限とは消費者金融やクレジットカードで融資条件として安定した収入があることや、融資の限度額は年収の3分の1以内と制限されることなどがあります。

また借入希望額が50万円をこえる場合、または他社借入が有る場合その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、年収を確認するために収入証明書類の提出を求められます。

銀行カードローンの場合は、貸金業法の適用は受けませんので総量規制の対象外になります。

ですから、基本的に決まった収入が有ることが条件ですが、年収による融資制限は受けません。

したがって、銀行カードローンを申込むときは総量規制を気にせず申込ができます。

また消費者金融は借入希望額によって収入証明書類を提出しなければなりませんが、銀行カードローンの場合は収入証明が必要になる借入金額に違いがあります。

たとえばオリックス銀行カードローンは金利3,0%~17,8%融資限度額が最大80万円という高額融資のカードローンで、収入証明書類は300万円以下の借入希望額の場合、収入証明書類は不要となっています。

場合によっては利用限度額が300万円以下の場合でも所得証明書類のご提出を 求められることがありますが、基本的には借入希望額が300万円以下なら本人確認書類だけを用意すればよいということになるので申込が簡単になります。

関連記事

Continue reading →